時代遅れの新聞読みブログ

前期高齢者が新聞(紙、電子)・ネットのニュースをフォローします。

仮想通貨 FTXジャパン 出金を停止 債務超過 米FTXの経営危機が影響 最大手バイナンス社支援せず

上は出金サービス停止を告知するFTX JPのウエブサイト(一部)
+++++++


債務超過に陥った米仮想通貨取引所FTXの日本法人FTXジャパンは、8日から顧客から預かっている仮想通貨と法定通貨の出庫・出金サービスを一時的に停止すると同社のウエブサイトなどで告知している。


ブルームバーグ通信などによると、米FTXは資金不足に陥り、仮想通貨取引所最大手のバイナンス・ホールディングスとの間で買収協議に入ろうとしていたが、バイナンス社が「当社のコントロールや支援能力を超える」として、支援方針を撤回した。


同通信によると、FTX社のバンクマンフリードCEOは、同社が最大80億ドル(約1兆1700億円)の資金不足に直面していると投資家に伝えたという。
FTX追加資金なければ破産法申請と警告、1.1兆円不足-関係者 - Bloomberg


FTX社は仮想通貨の取引所を運営するだけでなく、独自の仮想通貨FTTを発行していた。調達した資金は、投資会社を通じて別の仮想通貨や仮想通貨に関連するプロジェクトに投資するなどしていた。


仮想通貨は、債券と違って金利がつかず、株式のように配当があるわけでもない。その人がいくらの仮想通貨を持っているかという「記録」があるだけだ。


米FRB(連邦準備制度)が利上げに転じて以降、仮想通貨の元祖「ビットコイン」をはじめ各仮想通貨は大幅に下落しており、一時は業界の英雄だったバンクマンフリード氏率いるFTX社も、資金不足に陥ったようだ。


なお、FTXジャパンは、「顧客の資産は分別管理を行っている」としており、預けている仮想通貨や法定通貨の保全をアピールしている。